5分で簡単♪負荷試験♪無料

負荷試験のご案内

負荷試験とは?

サーバパフォーマンス確認することです。

なぜパフォーマンスを確認するのか

負荷試験実施すると、

システムのパフォーマンスの

現状限界を知ることができます。

要求されるパフォーマンスと比較することで

システムの無駄や弱点を発見することができます。

リリース前のインフラ設備の過不足を

確認できます。

リリース後の設備投資の判断基準を

前もって知ることができます。

運営活動の中で発生するシステムの

劣化や性能変化に気が付くことができます。

設備投資の

最適化をしよう!

もし負荷試験をしなかったら

大失敗!!

新規、リニューアルを問わず、リリース直後にサービスが

停止するかもしれません。論理的にアーキテクトを

しっかり検討していたとしても、実装されている

プログラミングやユーザの動きやデータのボリュームによって、

システムのボトルネックは多様に変化します。

緊急事態!!

昨日まで問題が起きていなかったシステムが急に問題を頻発させ

予定していた活動を妨げるなど、大きなコスト

支払うことになります。

多くの場合、運営の中で、しかもセールスイベント中など

ユーザの皆さまが活発に活動する中で起こります。

負荷試験の手順

  1. 1システムのヒアリング

    • ヒアリングシートに沿って

      システムの確認を行います。

  2. 2サーバ情報の共有

    • サーバ内の各ミドルウェア構成や

      現在のチューニング状態など確認するために

      必要な情報を共有いただきます。

  3. 3負荷試験シナリオの作成

    • ユーザのアクセス行動を模した

      複雑なアクセスシナリオを設計します。

  4. 4ゴール設定

    • サービスの要求を満たすために、

      ルーティングの経路に沿って各要所ごとの

      目標を定義します。

  5. 5ゴールの数だけ負荷試験を実施

    • シナリオに沿って同時で

      大量のアクセスを発生させます。

  6. 6ゴールに沿ったレポートの提出

    • 負荷試験の結果は多様な形式で

      統計やグラフでご連絡いたします。

最初から最後まで

手厚くサポート!

ご相談・お問い合わせ

お電話はこちら

06-6251-8831

受付時間 : 平日10:00 ~ 19:00
負荷試験担当 : かわさき
株式会社エボルブ

資料請求・メールはこちら

会社名

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容

実績のご案内

パフォーマンス要求

  • ピークタイム80,000セッション
  • 秒間4,000アクセス

    (画像などへのアクセスは除く)

会員数

  • アクティブ40万人規模

形態

  • スマホネイティブゲームアプリ

お悩み

  • 40万DL/20万DAUを目標にしており、

    リリース前に問題が無いか不安を解消したい。

負荷試験の結果

  • RDBのMASTER・SLAVE構成の弱点を発見し、

    設計を変更することで、長期可用性を強化しました。

  • 本来不要なSQL発行を発見し、改善提案することで、

    WEBサーバ・RDBサーバのパフォーマンスを強化しました。

  • 不要なデータ転送を発見し、改善提案することで、

    必要な帯域を確認し帯域の運用計画を立てることができました。

パフォーマンス要求

  • ピークタイム10,000セッション
  • 秒間1,500アクセス

    (画像などへのアクセスは除く)

会員数

  • アクティブ100万人規模

形態

  • スマホブラウザゲーム

お悩み

  • 急激な会員数増加よって悪化したパフォーマンスを

    改善する対策案、効果を確認したい。

負荷試験の結果

  • Fusion-io社製品など高価で特別なハードウェアを準備しなければ

    提供できないと思われていたサービスを、安価で一般的なハードウェアで提供できることが判りました。

  • インフラアーキテクトに原因があると思われていたシステムにおいて、

    実はシステムのプログラミングに問題があることが判りました。

パフォーマンス要求

  • ピークタイム5,000セッション
  • 秒間1,500アクセス

    (画像などへのアクセスは除く)

会員数

  • アクティブ10万人規模

形態

  • スマホネイティブゲームアプリ

お悩み

  • 多くの開発者が参加し、かつ、複雑なインフラ構成により

    サーバ台数が増加した。本当に必要な台数を知りたい。

負荷試験の結果

  • 使われることのないリソースを発見し、ミドルウェアの設定を提案することで、

    WEBサーバを予定より40台削減できました。

  • 高負荷時にのみ発生するミドルウェアのバグを発見し、

    バージョンアップすることで、メモリを最適に活用できました。

  • 長期運用の結果、RDBデータが増大することで発生するスロークエリ候補を発見し、

    キャッシュシステムの変更やシステム・アーキテクトの改修提案をすることで、問題を事前回避できました。

  • クラウドサービス特有の限界を発見し、契約サービスの見直しとともに

    別のクラウドサービスへの移設を推進することができました。

資料請求 /

お問い合わせ

5分で簡単♪
負荷試験♪無料